連盟概要

九州クラブユースサッカー連盟とは

九州クラブユースサッカー連盟は、九州内のU-18(高校生年齢)とU-15(中学生年齢) のクラブチームを構成メンバーとした任意団体で、主な活動はU-18及びU-15の全国大会の予選である九州選手権を始め、新人戦(U-17、U-14大会)等の大会の開催しています。 また、指導者や選手を対象とした講習会を企画する等、クラブチームの普及と育成に取り組んでいる団体です。

事務局所在地

〒814-0001 福岡県福岡市早良区百道浜1-3-70
ザ・レジデンシャルスイート・福岡3408
丸山 和毅

TEL 080-8558-0926

役員一覧

2017年度九州クラブユースサッカー連盟役員一覧

規約

九州クラブユースサッカー連盟規約

事業予定は大会情報ページに掲載しています。

九州クラブユースサッカー連盟の発展と歴史

九州クラブユースサッカー連盟
理事長 平山 勇

クラブの成り立ちと推移

九州におけるクラブジュニアユース「U-15」チームの誕生は、福岡県において1979年(昭和54年)頃から、少年サッカーチームOBが進学した中学校にサッカー部がなく、数人が小学生と一緒に練習に参加するようになり、徐々に練習に参加する中学生が増え始め1984年(昭和59年)に最初の数チームが結成されました。
また、この時期に全国でもクラブチームの組織化の動きがあり、1985年(昭和60年)に「日本クラブジュニアユースサッカー連盟」が発足し、九州から10チームが加盟登録しました。

その後、長崎県、佐賀県、鹿児島県、熊本県、大分県、宮崎県、沖縄県へと順次チームが結成され、連盟発足から18年目の2003年に九州全県にクラブチームが発足しました。毎年10クラブ前後で増え続けていましたが、地域によって少子化の影響により継続できないクラブも発生して、2019年度は200クラブの登録となっています。

「U18」クラブは、「U-15」クラブの流れと同じように、福岡県において1988年(昭和63年)に最初のクラブが結成され、それから順に他県でも結成されていきました。

しかし、「U-15」の加盟登録のように大幅に増加する事は無く、地域ユースクラブの運営の厳しさが大きな課題でありますが、Jクラブの下部組織としての定着と「町クラブ」の増加により、2018年度に空白県であった宮崎県の登録により全県に「U-18」クラブが登録され、2019年度は15クラブの登録となっています。

30周年2015年以降のクラブ登録推移を下記に表しています。

九州の「U-15」加盟登録チーム数の推移(表1)
年度 2015 2016 2017 2018 2019
チーム数 172 183 190 197 200
九州の「U-18」加盟登録チーム数の推移(表2)
年度 2015 2016 2017 2018 2019
チーム数
2012年度の九州各県の加盟登録チーム数(表3)
年度 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県
U-18 6 1 1 2 1 1 2 1
U-15 57 13 18 30 23 18 25 16

連盟の統合と今後のクラブの役割

2007年度までは「U-15」の「九州クラブジュニアユースサッカー連盟」と、「U-18」の「九州クラブユースサッカー連盟」の2つの連盟に分かれて各々が活動を行ってきましたが、(一社)九州サッカー協会での位置付けが1つのクラブ組織とするように指導され、また(一財)日本クラブユースサッカー連盟の各地域も2つの連盟が統合された組織となっていましたので、2008年度から組織を統合し新たな組織として「九州クラブユースサッカー連盟」がスタートしました。

加盟クラブ数の増加によりこれまでの運営体制を見直し、会長・副会長職等の役職を設け、会議も企画立案の常任理事会と執行機関の理事会を組織し、開かれたクラブ連盟を目指して活動を行っています。

各県クラブ連盟においても、組織運営の体制の確立・強化を行い更なる発展を目指しています。

連盟主催以外の(一社)九州サッカー協会の2種および3種の大会において、クラブチームが出場する割合が増え、当クラブ連盟も積極的に運営に参加協力をしていく体制が求められており、その役割を十分に果す時期にきていると思います。

また、2020年度からは女子の登録をクラブ連盟にて担当することにより、女子サッカーの普及と発展にも取り組みを進めていく所存です。